中学受験・高校受験・学校の成績を上げる

スポンサードリンク
覚えるコツ 5 脳をだます

 

こんにちは

 

子ども達に研究・開発型指導を
している二宮です。

 

自分の努力には全く関係なく、
脳が「これは覚えなくてはい
けない」となれば、自動的に
脳は覚えてくれます。

 

そのためにするべきことは、
何度も入力をすることです。

 

その際にこんな工夫をすると
さらに効率アップします。

 

たとえば、
何かを一度覚えます。

 

そのまま24時間たってしま
うと、たいていすっかり忘れ
てしまいます。

 

この時に大事なのは、忘れる
前に覚え直すこと。

 

ですから、一度覚えてから30
分後とか1時間後に、覚え直す
のです。

 

その後も数時間後に覚え直しま
す。

 

これを何度かやると、しばらく
覚えておくことができます。

(何回で定着するか、は人に
よって個人差があります。
が、必ず覚えられますので、
覚えられるまで何度もやって
ください。)

 

ひとまず定着しても、1か月
や2か月使わないとまたゼロ
になってしまいます。

 

ですから、1週間後とか2週間
後に使います。

 

これを繰り返していれば、ずっ
と忘れずにいられるのです。

 

この脳の仕組みを利用した学習法
を今作成しています。

 

これで、必死になって勉強しなく
ても、成績が上がります。

 

学校の勉強を思い返してください。

 

ある単元を勉強したら、次の単元
に進みます。すると前に覚えたこ
とのほとんどは忘れてしまうのです。

 

忘れることがないように、常に
繰り返しておきます。

 

中学受験でも高校受験でも、
3年間分の記憶を保持できれ
ば受験が簡単になりますよね。

 

この学習法に興味がある方は
仮登録をしておいてください。

当然、割引付きです。

 ⇒ https://ws.formzu.net/dist/S84555823/

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

■ 今、大型講座を企画しています。
  対象者は高校生から大人です。
  知的興奮を味わえますので
  楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

今日の記事が面白かったら

クリックしてください。




人気ブログランキング

今日もクリック。ありがとうございます。

 

 

「読解力をつけるには読書をさせる。」
こんな指導では、子どもがかわいそうです。
同業者に嫌われたり憎まれたりするかも
しれませんが、あえて、
生徒の読解力を伸ばすことができない
先生に対して宣戦布告をしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】まめの木塾塾長 二宮智宏
【特電法】西東京市田無町3-3-25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサードリンク