中学受験・高校受験・学校の成績を上げる

スポンサードリンク
覚えるコツ 4 脳を思い通りに動かす

こんにちは

 

子ども達に研究・開発型指導を
している二宮です。

 

覚えるべきか、そうでないか、の
判断を脳はどのようにしているの
か、

 

というと、

 

必要だと判断した時は覚えるし、
いらないと判断した時は忘れる
ようになっています。

 

では、その判断は何によってし
ているかは、単純に回数です。

 

1回覚えたが、その後全然使わ
ないとなると、脳はいらない、
と判断します。

 

1回覚えて、翌日もその翌日も
またまたその翌日も使うものは
脳は必要があるものと判断しま
す。

 

生活で必要なことをなぜ覚えて
いるか、というと、何度も何度
も使っているからです。

 

1回、2回しっかり覚えたこと
でも半年も1年も使わなければ
すっかりなくなってしまいます。

 

徹夜で一夜漬けの勉強内容はた
いていその後すぐになくなって
しまいます。

 

この脳の特性を活用して勉強す
れば、最小の努力で最大の成果
を得ることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

■ 今、大型講座を企画しています。
  対象者は高校生から大人です。
  知的興奮を味わえますので
  楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

今日の記事が面白かったら

クリックしてください。




人気ブログランキング

今日もクリック。ありがとうございます。

 

「読解力をつけるには読書をさせる。」
こんな指導では、子どもがかわいそうです。
同業者に嫌われたり憎まれたりするかも
しれませんが、あえて、
生徒の読解力を伸ばすことができない
先生に対して宣戦布告をしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】まめの木塾塾長 二宮智宏
【特電法】西東京市田無町3-3-25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサードリンク